不眠症対策はメラトニンを分泌させることが大切

メラトニンとは?

メラトニン分泌量

メラトニンは“睡眠ホルモン”と呼ばれるホルモンの一種で、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

アミノ酸の一種「トリプトファン」から「セロトニン」が合成され、さらにセロトニンが分解されメラトニンが分泌されます。

規則正しい生活を送る

快眠

メラトニンは脳内の松果体(しょうかいたい)で分泌され、日中は分泌は止まりますが夜になると分泌が始まります。

メラトニンの分泌を増やすことによって、質の良い深い睡眠をとることができます。

それには、やはり『規則的な生活』を送ることが大切になってゆきます。

メラトニンは、少しでも光を浴びると分泌をやめてしまいます。

なので、夜中にテレビを見たりゲームをしたりどこかに出かけて朝まで寝ないという生活をしていると、不眠症になる可能性を高めてしまいます。

メラトニンの分泌を促すポイント

仕組み

①就寝1時間前になったら暖色照明に切りかえる

②起きる時間を固定する

③メラトニンの元になるセロトニンを増やす

④セロトニンの元となるトリプトファンを摂る


星

不眠症が慢性化する前に、普段からこのような生活を心がけて不眠症の予防・改善に努めましょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ