日本人が特質上かかりやすいうつ病について

mental health

うつ病は、女性なら5人に1人、男性なら10人に1人が一生のうちにかかる病気だと言われています。

うつ病の症状は、心の症状と身体の症状の二つに分けられます。

まずは心の症状です。ゆううつで気分が落ち込み、涙もろさや寂しさを引き起こします。

今まで趣味などで楽しめていたことに興味がなくなります。

自分のことをダメな人間だと思い込み、その結果、自分はこの世に必要ないと自殺を考えてしまうこともあります。

いずれの症状も、実際以上に否定的にとらえてしまうということが根本にあります。

これらの症状は朝に症状が強く、夕方は少し楽になる為、家族はたいしたことないじゃんと誤解してしまうこともあります。

もう一つは身体の症状です。不眠がうつ病の9割以上に見られます。

特に途中で目が覚めてしまう不眠が多いです。

不眠の状態が続くと、うつ病を引き起こす可能性が高いことが分かっています。

また食欲が衰退し、体重が減少します。

その他には疲れやすい、口が渇く、便秘、下痢、めまい、ふらつき、動悸、息切れなどいわゆる自律神経症状が出てきます。

治療についてです。うつ病の治療の原則は、服薬と休養です。

服薬に関しては、抗うつ剤という薬を中心として、睡眠導入剤や精神安定剤を必要に応じて追加します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ